妊娠したらどうなるのか|体外受精で愛する人との子供が授かれるように

体外受精で愛する人との子供が授かれるように

親子

妊娠したらどうなるのか

婦人

症状は

妊娠したいと思っている人にとっては、妊娠しているかを早く知りたいものです。妊娠初期というのはどのような症状が出るのでしょうか。妊娠すると、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの分泌が増えるため、生理前と似たような症状が出るといわれています。熱っぽくなる、だるくなる、胸が張ってくる、便秘気味になる、眠気が強くなるなどの症状が出ます。生理前より症状が強く出ることが多いようです。これらの症状は風邪とよく似ているため、風邪と勘違いする人も多いようです。しかし妊娠している可能性が少しでもある場合は薬の服用は慎重にしなければいけません。また、着床出血が見られる人もいます。しかしこれら妊娠初期の症状にはかなり個人差があります。

症状に気がついたら

妊娠5週目ごろには、生理がこないと気がつく人もいるでしょう。早い人では、吐き気や嘔吐などつわりの症状が出る人もいます。6週目に入ると生理がこないからと婦人科を受診する人が増えてきます。吐き気や嘔吐に加え、胃のむかつき、眠気、だるさなどの症状が多くみられる時期です。妊娠初期にこれらの症状が出るのは、妊娠によって赤ちゃんを守るために体が準備している証拠です。体が優先して赤ちゃんのことに集中するために、だるさや眠気があらわれるのです。無理をするのではなく、しっかりと体を休めるようにしましょう。また、妊娠初期の症状には大きな個人差があることを覚えておきましょう。正常に妊娠しているかを確かめるためにも婦人科に行き、きちんと妊娠しているか診てもらうようにしましょう。