体外受精で愛する人との子供が授かれるように

妊婦

不妊は治療で解消しよう

夫婦

不妊治療専門病院では子供を授かるためのサポートを行っています。不妊治療では様々な治療が行われますが治療を行った場合の妊娠成功率は30%から50%程度と高いものとなっています。不妊の場合、夫婦だけで悩みを背負い込むことがありますが、医師に相談して、診察を受ける事が大切です。

詳細を確認する

不妊治療のこと

医者

まだまだ知られていません

現代の妊活(にんかつ)=妊娠活動に欠かすことのできないもの、それが不妊治療です。芸能人などが不妊治療を受けているということを公表し、大きな影響を与えています。一般人でも不妊治療をテーマとしてブログを発信し、広く読まれています。テレビや新聞でも特集を組まれることがあります。とはいうものの、当事者以外にとってはまだまだ知られていない不妊治療。どのようなことをするのでしょうか。不妊治療の病院ではまず検査を受けることになります。そしてタイミング法や人工授精といった治療を受けることができます。原因があればそれを取り除く治療も受けます。原因不明の不妊も多く、そんな不妊にも適応される体外受精などの治療もあります。体外受精で生まれる赤ちゃんは年々増えているということがわかっています。

自治体の助成制度

不妊治療は、婦人科や不妊治療を専門とする病院で受けることができます。不妊治療には保険が適用される治療と、保険が適用されない治療とがあります。保険が適用されない治療の体外受精では、高額の治療費がかかることになります。治療費の問題で不妊治療を受けることができないことが起こりえます。妊娠できるかもしれない人が妊娠できないということです。そこで、自治体によっては体外受精を受けた人に対して助成金制度を設けています。体外受精にかかった治療費の一部を、自治体が負担するというものです。たとえばある地域では、初回の申請で30万円まで助成しています。次回からは、1回につき15万円までで通算5回まで助成を受けることができます。

子供のために治療を受ける

カップル

大阪では妊娠ができないことで悩む夫婦も少なくありませんが、不妊治療をどこで受けるかといった問題もあります。インターネットで評判や口コミを確認して、実際に病院に行ってみるのが一番です。その際には自宅からの距離や交通機関の問題も合わせて確認しておきましょう。

詳細を確認する

妊娠したらどうなるのか

婦人

妊娠初期には、黄体ホルモンの影響により熱っぽくなる、だるくなる、眠くなる、胃がむかむかするなどの症状が出ると言われています。これらの症状に気がついたら、婦人科に行き正常に妊娠しているか診てもらうことが大切です。

詳細を確認する